Smokeblue Theater

映画の備忘録

ダージリン急行

f:id:smokeblue:20150911002542j:plain

原題:The Darjeeling Limited 2007年 アメリカ 91分

監督:ウェス・アンダーソン 脚本:ウェス・アンダーソンロマン・コッポラジェイソン・シュワルツマン

出演:オーウェン・ウィルソンエイドリアン・ブロディジェイソン・シュワルツマンアンジェリカ・ヒューストン、アマラ・カラン、ナタリー・ポートマンビル・マーレイ、カミーラ・ラザフォード、イルファン・カーン

ストーリー・概要(映画.comより)

父の死がきっかけで疎遠になっていたホイットマン3兄弟だったが、長男フランシスの呼びかけで次男ピーター、三男ジャックの3人が揃い、インド横断の列車旅行に出る。しかし、そんな彼らには予想外の出来事が待ち受けていて……。「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」のウェス・アンダーソン監督が描く、3兄弟の心の再生の旅。本編前には三男ジャックの恋を描いた13分の短編「ホテル・シュヴァリエ」(共演ナタリー・ポートマン)を上映。

 

三兄弟の心の旅

映画作品で「兄弟」「姉妹」は他人同士の俳優が演じる訳で、もちろん顔が似てないのは当たり前。

でもここまで顔に共通点のない三人が兄弟っていうのが面白〜い。

しかも三兄弟のお母さんはアンジェリカ・ヒューストンて!

 

この三兄弟はウェス・アンダーソン作品常連組の三人。

ジェイソン・シュワルツマンは今回共同で脚本も書いていますね。

 

兄弟の中では、オーウェン・ウィルソン演じる長男フランシスがうっとおしいです。

いきなり顔面すごい怪我で登場し、見た目もうっとおしいのですが。

仕切り屋で、食堂車では他の兄弟の分も勝手に注文しちゃうウザい兄貴です。

次男ピーター(エイドリアン・ブロディ)は三人の中では比較的マトモかな。

作家の三男ジャック(ジェイソン・シュワルツマン)は女に手が早く、終始恋人のことを引きずりまくっています(ここでいう恋人というのが、ショート・フィルムで登場するナタリー・ポートマン。彼女はこの短編内でなぜかヌードを披露しております)。

この時のジェイソン・シュワルツマンの見た目が完全にビートルズ

 

そんな三人がコンパートメントで繰り広げる会話劇が楽しいのですが、

残念なことにけっこう早い段階で列車を降りてしまいます。

インド人の客室乗務員とか良いキャラクターが揃ってたこともあるし、個人的にはもうちょっと列車の旅を楽しみたかったです。

 

さて、ウェス・アンダーソン作品のすべてに出演しているビル・マーレイですが、今回はパッと見どこにも見当たらない。

なんと、映画冒頭、列車に乗り遅れるだけの役で登場しています!

無理矢理出てきた!

もう何が何でも出演するつもりですよ、ビル・マーレイ

皆勤賞狙ってますよ!

 

毎回、音楽のセレクトが素晴らしいウェス・アンダーソンさんですが、『ダージリン急行』のサントラは一番好きです。

インドの民族音楽の合間に、キンクスローリング・ストーンズの曲が流れ、ミスマッチかと思いきや上手い具合にまとまっています。中でもキンクスの「This Time Tomorrow」は最高!何度も脳内リピートしてしまいます。

 

 

 

 

広告を非表示にする