Smokeblue Theater

映画の備忘録

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

f:id:smokeblue:20151005164120j:plain

原題:Inside Llewyn Davis 2013年 アメリカ 104分

監督・脚本:ジョエル・コーエンイーサン・コーエン

出演:オスカー・アイザックキャリー・マリガンジョン・グッドマンギャレット・ヘドランドF・マーレイ・エイブラハムジャスティン・ティンバーレイク、スターク・サンズ、アダム・ドライバー

ストーリー・概要(映画.comより)

ノーカントリー」「トゥルー・グリット」のコーエン兄弟が、2013年・第66カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した作品。1960年代のフォークシーンを代表するミュージシャン、デイブ・バン・ロンクの生涯を下敷きに、売れない若手フォークシンガーの1週間をユーモラスに描いた。60年代の冬のニューヨーク。シンガーソングライターのルーウィンは、ライブハウスで歌い続けながらも、なかなか売れることができずにいた。音楽で食べていくことをあきらめかけていたが、それでも友人たちの助けを借り、なんとか日々を送っていく。「ロビン・フッド」「ドライヴ」などに出演したオスカー・アイザックがルーウィン役を演じ、歌声も披露。音楽に「オー・ブラザー!」「クレイジー・ハート」のT=ボーン・バーネット。

 

預かり猫を抱いて

冒頭、ステージにたつ主人公ルーウィンの歌から始まります。

ルーウィンの歌は劇中幾度か出てきますが、「哀れな俺」ってかんじの曲が多いです。

暗いです。60年代のフォーク全盛期だからってのもあるけど。

私はけっこう暗い歌好きなので、全体的にのれました。

 

ルーウィンは売れない歌手ですがけっこういい部屋に寝てるので「な〜んだ」と思ったのですが、実は留守を預かってるだけということが判明。

それどころか、実は住む家すらないことが判明。

知人の家を転々としているようでした。これは、想像以上に貧乏。

中盤までは、預かった猫と一緒のシーンが多数(ちょっとしたアクシデントで猫を連れ歩かなければならなくなったのです)。

独り身のおじさんが猫を抱いてると、寂しさが増すのはなぜなんでしょうかね。

 

今回、ルーウィンの知人の歌手ジーン役で、キャリー・マリガンが出演。恋人(夫婦?)とフォークデュオを組んでいるのですが、そのお相手というのがジャスティン・ティンバーレイク。ちゃっかりプロ歌手と組みおった!

SHAME』を観た時には、キャリー・マリガンの歌唱力微妙じゃんと思ってたのですが、今回はいい感じにハモっている。

きっと、すべてジャスティンのおかげ!

そんなジーン(キャリー)ちゃん、過去にルーウィンと寝たことがあり、その直後に妊娠してしまった様子。

「ジム(ジャスティン)との子だったら生みたいけど、あんたの子だったら堕ろす!でもどっちかわからないから堕ろすしかない!どーしてくれるんじゃい!」

とえらい剣幕でルーウィンを責め立てます。

詳しい経緯は語られませんが、彼女いわく「無理矢理やられた」とのこと…。

このジーンちゃん、とっても可憐な容貌なのにかなりの毒舌娘(まあルーウィンに対してだけですが)。

可愛い顔で「クソ」を連発していました。

しまいには「あんたはクソ!あんたが触れたらみ〜んなクソになる!」的なことをおっしゃった。

ルーウィンをまるでウィルス扱い

いくらなんでも可哀想でしょ。

 

でも毒舌のキャリー・マリガンは嫌いじゃない。むしろ好きです。(変態でしょうか)

 

 

 

広告を非表示にする