読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smokeblue Theater

映画の備忘録

ベル&セバスチャン

は行

f:id:smokeblue:20170116204403j:plain

原題:Belle et Sebastien 2013年 フランス 99分

監督:ニコラス・バニエ

脚本:ジュリエット・サレ、ファビアン・スアレ、ニコラス・バニエ

出演:フェリックス・ボシュエ、チェッキー・カリョ、マルゴ・シャトリエ、ディミトリ・ストロージュ、アンドレーアス・ピーチュマン、メーディ・エル・グラウィ

ストーリー・概要(映画.comより)

日本では「名犬ジョリィ」のタイトルでテレビアニメ化されたセシル・オーブリー原作の児童文学を実写映画化。戦時中のアルプスの小さな村で暮らす孤児のセバスチャンは、家畜や人を襲う「野獣」として村人たちから命を狙われている一匹の犬に出会う。セバスチャンは犬をベルと名づけて村人から守り、ベルとセバスチャンは次第に心を通わせていった。やがて戦争の影が色濃くなると、村にもナチスの捜索の手が伸びるようになる。ナチスからユダヤ人一家を救うため、ベルとセバスチャンは道案内人として冬のアルプス越えに挑むこととなるが……。監督は冒険家でもあり、映画「狩人と犬、最後の旅」も手がけたニコラ・バニエ。

 

冬のベルは、ふわふわもこもこ

名犬ラッシー」なら知ってるけど、「名犬ジョリィ」知らんな〜。

と思っていたら、「ジョリィ」のアニメがやってたのは1982年までなんですねー。

うん、私まだ生まれてない。

 

映画冒頭に、セバスチャンがヤギを助けるために崖を下に降りていくシーンがありますが、その崖の高さに仰天。

何ていうかもの凄い崖なんです。ほぼ直角

もちろん命綱はつけていて、ちゃんと上でセバスチャンのじいさんが支えてるわけですけど。

文句のひとつも言わずにスルスル崖を降りていくセバスチャン。

田舎の子どもは皆こうか!?

ヤギを助けるために孫を危険にさらすじいさんもどうかと思いました。

このじいさん、どうもヤギに甘いところがあるんですよね。ヤギLOVEなんですよ。

困ったじいさんだなあと。ま、それはおいといて。

 

ベルは、村の人から野獣と呼ばれていたでっかい犬です。

雌だったので、『美女と野獣』にひっかけてセバスチャンが名付けました。

ベルとセバスチャンがキャッキャと戯れるシーンはとっても微笑ましいです。

雪の中を駆け回るベルの毛が、ふわっふわのもっこもこで、

「うわああああ撫でたい撫でたい撫でたーーーい!!」と身悶えしました。

 

犬を飼ったことがない人間からすると、

犬が親友とか、犬が相棒とかいうのはとっても羨ましいわけですよ。

犬、飼いたかったなあ〜。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする