読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smokeblue Theater

映画の備忘録

美しい絵の崩壊

f:id:smokeblue:20170116204355j:plain

原題:Two Mothers 2013年 オーストラリア・フランス 111分

監督:アンヌ・フォンテーヌ 脚本:アンヌ・フォンテーヌ、クリストファー・ハンプトン

出演:ナオミ・ワッツロビン・ライト、ゼイビア・サミュエル、ジェームズ・フレッシュビル、ベン・メンデルスゾーン、ソフィー・ロウ、ジェシカ・トベイ

ストーリー・概要(映画.comより)

親子ほど年の離れた若い男から愛される女性の戸惑いや苦悩、それによって崩壊していく2組の家族の行く末を、ナオミ・ワッツロビン・ライト主演で描いたドラマ。

子どもの頃から親友として育ったロズとリルは、お互いの10代の息子たちも交え、家族ぐるみの付き合いを続けていた。しかし、ある夏の日、ロズに思いを寄せていたリルの息子が、その思いを告白する。息子同様に接してきた青年から受ける愛にロズは純粋な気持ちを思い出し、次第に2人は真剣に愛し合うようになるが、ささいなことをきっかけに事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

イギリスのノーベル文学賞作家ドリス・レッシングの小説「グランド・マザーズ」を、「ココ・アヴァン・シャネル」のフランス人女性監督アンヌ・フォンテーヌが映画化した。

 

崩壊……ならず?

親友同士の母親たちが、お互いの息子と恋におちるという何だかとんでもない話でした。

ナオミ・ワッツロビン・ライトもお美しいからあんまり気にならないけど、よくよく考えてみるとおぞましい設定ですよ。

それを、ちっとも大したことじゃなさそうにサラサラ〜と描いています。

 

最初にロズ(ロビン・ライト)がリル(ナオミ・ワッツ)の息子と関係を持ってしまい、それがすぐに露見。その時はさすがに軽い修羅場になるのですが、後々リルの方もロズの息子と関係してしまいおあいこ状態に。

そこから先が凄かった。

すべての事情を飲み込んだ上で、なんと関係を続行

4人で楽しく過ごす方向を選んだよ!

いや確かに誰も損しないけど!

 

開き直った4人はビーチで遊んだり食事したりと毎日楽しそう。

海辺でハシャぐ息子たちを見て、「あたし達、いい男産んだわよね。グッジョブ!」みたいな発言をするロズとリルにはどん引きましたが。

 

結局、「崩壊」と言いつつ崩壊せずに終わった4人の関係。

美しい絵」が既存の家族の形を意味するのならば、バッキバキに崩壊してますけどね。

 

 

 

広告を非表示にする