Smokeblue Theater

映画の備忘録

テイク・ディス・ワルツ

f:id:smokeblue:20160227172515j:plain

原題:Take This Waltz 2011年 カナダ 116分

監督・脚本:サラ・ポーリー

出演:ミシェル・ウィリアムズセス・ローゲン、ルーク・カービー、サラ・シルバーマン

ストーリー・概要(映画.comより)

女優サラ・ポーリーの長編監督第2作。「アウェイ・フロム・ハー君を想う」で認知症に直面した老年夫婦の愛と葛藤を描いたポーリーが、今度は結婚5年目の若い夫婦に訪れる変化を描いた。結婚して5年がたつマーゴとルーは、まだ子どもはいないが仲睦まじく穏やかな日々を過ごしていた。そんなある日、マーゴは仕事で訪れた島で出会った情熱的な青年ダニエルにひかれるものを感じてしまう。さらに、ダニエルが偶然にも自分たちの家のすぐ向かいに住んでいることを知り、マーゴの心は揺れ動いていく。主演は「マリリン 7日間の恋」のミシェル・ウィリアムズと、「50/50 フィフティ・フィフティ」のセス・ローゲン

 

女という生き物

昔から大好きなサラ・ポーリー。監督作品は初見でございます。

 

ミシェル・ウィリアムズセス・ローゲンが夫婦役。

セス・ローゲンが、おバカの役じゃないのが意外!

いっつもそういう役ばっかり演じているイメージだったので、穏やかな優しい旦那さん役が新鮮でした〜。

旦那さんの職業はチキン料理研究家

って、なぜにチキンに限定!?

なぜにチキン縛り!?

やっていけるんか!?

…いや、でも最近はディープな専門店とかのがウケてるし意外に儲かるかも!?

 

という具合に、序盤から旦那さんの心配が止まらない!

旦那とチキンが気になって気になって…!

妙なところで集中を削がれるのであった(いつもでしょうが)。

※ちなみに旦那さんが出したチキン料理本は大人気になってひと安心。

 

ミシェル・ウィリアムズに関しては、予測しないところで突然フルヌードが出てくるから油断できません。

別にそういうムードでなくてもジャンジャン脱ぐフランス映画とおんなじタイプですな。

プール後のシャワーシーンは、ミシェル・ウィリアムズどころかその場にいた人皆がヌードで度肝を抜かれました。

老いも若きもみな裸!!

ミシェル・ウィリアムズの裸体を受け止める準備はできていましたが、おばさんやおばあさんの裸を受け止める準備はしてな〜〜〜い!とアセアセしました。

そういう状態の人間に、若い肉体と老いた肉体の差をまざまざと見せつけるサラ・ポーリー恐るべし。

 

シャワーシーンの他にも、けっこう女性をリアルに表現した辛口シーンが多いな…と思いました。

例えば、旦那の元を去ってまで抱かれにいった男とのセックスシーンが、まるでダイジェスト走馬灯かのように描かれていたり(実際ぐるぐる回るカメラアングル)。

本来ゴールであり、最高にロマンチックであるはずの瞬間が「あれ?なんかそうでもないな」ってかんじになってて残酷!

その後も、なんとな〜く元旦那のところに帰って、なんとな〜く復縁を匂わせてみたり、女性特有の小ズルさがちょいちょいにじみ出るんです。

 

充実してるんだけど虚しい」「幸せなんだけと孤独」というような、言葉ではうまく説明できない感情が渦巻く世界は、女性監督でないと描けないと思いました。

これは、男女で感想に大きく差が出そうな気がする〜。

女性は共感(真面目な人は嫌悪)、男性は「何がしたいの?」とか言うかもしれんなー。

私はとても好きでした。

 

 

 

広告を非表示にする