読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smokeblue Theater

映画の備忘録

ペネロピ

は行

f:id:smokeblue:20160127194407j:plain

原題:Penelope 2006年 イギリス 106分

監督:マーク・パランスキー 脚本:レスリー・ケイブニー

出演:クリスティーナ・リッチジェームズ・マカヴォイリース・ウィザースプーンキャサリン・オハラピーター・ディンクレイジ

リチャード・E・グラント、サイモン・ウッズ

 

ストーリー・概要

クリスティーナ・リッチが豚鼻の少女に扮する奇想天外なロマンティック・コメディ。名家のお嬢様ペネロピは、先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、生まれた時から豚のような鼻を持っている。彼女は自分の顔を見ても逃げなかった唯一の青年マックスに恋をするが、実は彼の正体はペネロピを狙う新聞記者が送り込 んだスパイだった……。共演は「ラストキング・オブ・スコットランド」のジェームズ・マカヴォイリース・ウィザースプーンほか。

 

ネコ耳がブームになったんだから、ブタ鼻だって…

生まれつき、ブタ鼻を持ったヒロイン…って、なんだかホラーの匂いがしますが違います。

まったく真逆の雰囲気。かわいらし〜い作品でした。

クリスティーナ・リッチのブタ鼻も、不気味どころかキュート。

ブタ鼻を見てしまった男達が、驚きのあまり窓ガラスを突き破って飛び降りるという定番シーンみたいのがちょいちょいありましたが。

正直そんなに驚く程の鼻ではない!

オーバーリアクションなのでした。

クリスティーナ・リッチは、今までの出演映画至上最高にかわいかったと思います。

太ったり痩せたりを繰り返しているイメージでしたが、今回はちょうどいい体つきというか…。ちょっと現実感のないファッションも似合っていて可愛かったです。

 

そんな純真なペネロピの相手役として、少しやさぐれた風貌ジェームズ・マカヴォイが良い味出していました。元々ワル顔だから行き過ぎると怖いのですが、この人。

まるでオダギリジョーみたいな孤独なやさぐれ男が絶妙に格好良く、

クリスティーナ・リッチ共々、「よく仕上げてきた!よくやった!」と言いたくなる仕上がり具合でした。(←あなたは監督ですか)

 

決して王子様頼みではなく、自分で人生を切り開いていこうとするペネロピの強さにも好感が持てました。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする