読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smokeblue Theater

映画の備忘録

セッション

f:id:smokeblue:20151212153004j:plain

原題:Whiplash 2014年 アメリカ 107分

監督・脚本:デイミアン・チャゼル

出演:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ、ポール・ライザー、オースティン・ストウェル、ネイト・ラング

ストーリー・概要(映画.comより)

2014年・第30サンダンス映画祭のグランプリ&観客賞受賞を皮切りに世界各国の映画祭で注目を集め、第87アカデミー賞では助演男優賞ほか計3部門を受賞したオリジナル作品。世界的ジャズドラマーを目指して名門音楽学校に入学したニーマンは、伝説の教師と言われるフレッチャーの指導を受けることに。しかし、常に完璧を求めるフレッチャーは容赦ない罵声を浴びせ、レッスンは次第に狂気に満ちていく。「スパイダーマン」シリーズなどで知られるベテラン俳優のJK・シモンズがフレッチャーを怪演し、アカデミー賞ほか数々の映画賞で助演男優賞を受賞。監督は、これまでに「グランドピアノ 狙われた黒鍵」「ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛」などの脚本を担当し、弱冠28歳で長編監督2作目となる本作を手がけたデイミアン・チャゼル。

 

ドラムスティックに血がにじむ!ド根性音楽劇!

いや〜面白かったです。これ。

「こんなのジャズじゃない!」とか色々と批判を買ったようですけど、

良くも悪くも印象に残る映画という点では群を抜いていると思います。

全編にわたって音楽学生ニーマンが鬼教師フレッチャーにシゴかれるという内容なのですが、とにかくフレッチャーの暴君っぷりが突き抜けてます。

ドラムを叩くニーマンの耳元で「(テンポが)速い!」「遅い!」「速い!」「遅い!」と怒鳴りまくり、

挙げ句の果てにイスを壁にぶん投げるという…

もう笑っちゃいました。

ジャズバンドのドラマー枠をかけて争う3人にかわるがわるドラムを叩かせては罵声を浴びせまくるシーンも面白かったです。

まじめに見ると人種差別・人間性否定この上ないハラスメントなんですけどね…

やり過ぎのあまり、ここでもやっぱり笑っちゃいました。

暴言のレパートリーの豊富さと理不尽さは、何となくドラマglee』のスー先生をほうふつ〜。

 

登場した時は気弱そうな奴だと思っていた主人公ニーマン君も、実はかなり負けん気が強く、フレッチャーに食らいついていきます。

スティックを握る手に血が滲むまでドラムの練習に明け暮れ、恋人すら手放す(自分から告ったくせに!)彼にも、フレッチャー同様の狂気を感じました。

 

最後の方、フレッチャーの「復讐」には目ん玉飛び出そうになりましたが、その衝撃を飲み込んで津波のようにクライマックスに突き進んでいくかんじが不思議と気持ちいい。

矛盾と理不尽さを匂わせながらも、熱狂的であり爽快感もある。

なんというか…「映画を観賞した」というより、「スポーツ観戦した」気分になるとでもいいましょうか。

珍しいタイプの作品でした。

 

 

 

広告を非表示にする