Smokeblue Theater

映画の備忘録

365日のシンプルライフ

f:id:smokeblue:20151213222659j:plain

題:Tavarataivas 2013年 フィンランド 80分

監督・脚本:ペトリ・ルーッカイネン

ストーリー・概要(映画.comより)

自分の持ち物すべてをリセットするという実験生活に挑戦したフィンランド人青年の1年間を追ったドキュメンタリー。ヘルシンキで暮らす26歳のペトリ・ルーッカイネンは、失恋をきっかけに、多くの物に囲まれた生活を見直そすことを決意。自分の持ち物を一旦すべて倉庫に預けて11個ずつ自宅に持ち帰り、他には何も購入しない、という生活を1年間続けることに。今の自分に必要な物を選ぶ行為や、物に対するさまざまな葛藤、さらに手助けしてくれる人々との触れあいのなかで、ペトリは自分の人生にとって本当に大切なものは何かを発見していく。主人公ペトリの実体験をもとに、ペトリ自らが監督を務めて製作した。

 

必要なものは少しだけ

ミニマリズムとか断捨離が相変わらず流行ってるみたいですが。

ここ数年で、私自身も持ち物を「増やしたい」から「減らしたい」という考えに変わってきています。

もともと収集することは好きで、これまでにも映画のチラシだとかお菓子の缶だとか文庫本だとか色んなものをちまちまとコレクションしてきました。

しかし、部屋の中に溢れかえった物の中から目的の物を探す煩わしさに気づき、ごっそり処分してしまいました(意外と手放すことに抵抗はない)。

モノが少ないと掃除をするのも楽です。増やしたくないと思うと、おのずと物欲もなくなっていくのでお金もかかりません。

 

このドキュメンタリーの監督である青年も、溢れかえったモノにうんざりし、生活を見直すことを決意します。

その方法がなんとも画期的。

普通は、いらないモノを選別して徐々に処分していくと思うんですが、

彼はまず部屋の中の一切のモノを全て倉庫に預け、一日にひとつずつ必要なものから取り出していくという方法をとります。

最後に手元に残るのが必然的に本当に必要なモノ、というわけ。

真似するのは難しいけど、これはかなり合理的で良い方法ではないかと思います。目からウロコ〜!

 

しかしこの監督、本当に文字通り「全て」預けちゃってます。

それはつまり、身につけるべき衣服も含め全てなのです。

ゆえに第一日目はすっぽんぽんからのスタート!

まさかそこまでやるとは思っていなかったので、映画冒頭、すっぽんぽんで倉庫まで疾走(途中で金隠し用の新聞をゲット)する青年を見て「何だ、これは!?」とギョッとしました。

ちょっとちょっと、フィンランドですよ?雪降ってますよ?

ここまでやる監督が偉い。バカだけど偉い。

ちなみに最初に倉庫から取ってきたのはロング丈のコート。納得のチョイスでした。

 

一日一個だけ、倉庫から取り出せるというルールなんですけど、50個くらい取り出したところで「もう別にモノいらん」という心境になるのが興味深かったです。

生活する上で本当に必要なものって、意外と少ないのかもしれませんね。

 

広告を非表示にする