読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smokeblue Theater

映画の備忘録

ミスター・ノーバディ

f:id:smokeblue:20151211193302j:plain

原題:Mr. Nobody 2009年 アメリカ 137分

監督・脚本:ジャコ・バン・ドルマル 

出演:ジャレッド・レトサラ・ポーリーダイアン・クルーガー、リン・ダン・ファン、リス・エヴァンス

ストーリー・概要(映画.comより)

トト・ザ・ヒーロー」「八日目」で知られるベルギーのジャコ・バン・ドルマル監督が、人生の選択によって生じるさまざまな可能性を、複数パラレルワールドで描くファンタジードラマ。2092年、科学技術の進歩により不死が実現した世界で、唯一命に限りのある118歳のニモは、死を目前にして過去を回想する。最初の選択は、9歳だったニモが別れた両親のどちらについていくかで始まった……。主演は「レクイエム・フォー・ドリーム」のジャレッド・レト

 

人生は、選択の連続

まず、主人公の名前がニモ…。

私が連想するのはやっぱりお魚のニモなんですけど、「ニモ」って、アメリカにおいてどういう印象の名前なんでしょうね。

珍しいのか、よくあるのか。はたまたかっこいい系なのか、かわいい系なのか。

洋画を見てて変わった名前が出てくると、いつもそんなことを考えます。

日本名で例えるならば何かしら、とか。

この映画は主人公ニモが自分自身のことを回想するお話なので、内容は「ファインディング・ニモ」と差異はないと思います。

嘘です。

 

ニモが成長していく上で、様々な分岐点が訪れます。

離婚した両親のどちらについていくのか」という二択。

三人の女性の内、誰と結婚するのか」という三択(贅沢だなオイ)。

それぞれの選択をした別々の「ニモ」のシーンが目まぐるしく入れ替わり、ボケッと見てると、も〜サッパリといった状況になってきます(ボケッと見ないで下さい)。

 

選択すべき対象の女性は3人いるんですが、ニモが気になっているのは主にブルネットとブロンドの子の2人。黒髪のアジア人女性はハナから眼中になし!でした。

出演シーンも他の2人と比べてグッと少なかった、可哀想なアジア人女性。

 

選択結果に決して「正解」はなく、どの人生にも困難が付きまとうというのが印象的でした。人生って複雑ですよね。

実生活でも、「あの時こっちを選んでいたら、どうなっていたかな」なんてついつい考えてしまうこともあるかと思います(前向きな人はあんまり考えないのかな〜?)。

この映画のように「違う選択をしていた自分」を見てみたい気もするかも…。

まあ〜考えれば考える程、どうにもならないことなんですけどねー。

 

広告を非表示にする