Smokeblue Theater

映画の備忘録

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔

f:id:smokeblue:20151204173537j:plain

原題:The Lord of the Rings: The Two Towers 2002年 アメリカ 179分

監督:ピーター・ジャクソン

脚本:フラン・ウォルシュフィリッパ・ボウエン、スティーヴン・シンクレアピーター・ジャクソン

出演:イライジャ・ウッドイアン・マッケランリブ・タイラーヴィゴ・モーテンセンショーン・アスティンケイト・ブランシェットジョン・リス=デイヴィス、バーナード・ヒル、クリストファー・リービリー・ボイド、ドミニク・モナハン、オーランド・ブルームヒューゴ・ウィービングミランダ・オットー、デヴィッド・ウェンハムブラッド・ドゥーリフアンディ・サーキスマートン・ソーカスカール・アーバン、クレイグ・パーカー

 

ストーリー・概要(映画.comより)

JRRトールキンファンタジー小説指輪物語」を映画化した3部作の第2部。前作のラストで3手に別れた旅の仲間たちのその後が描かれていく。滅びの山を目指すフロドとサムは、後をつけてきたかつての指輪所持者ゴラムを捕え、モルドールへの道案内をさせる。一方、オークにさらわれたメリーとピピンを助けるため後を追うアラゴルンレゴラスギムリは、騎馬部隊で名高い王国ローハンにたどりつく。しかし、同国の王セオデンはサルマンの魔法により正気を失い、国は衰弱しきっていた。ローハンのセオデン王、エオウィン、エオメル、ゴンドールのファラミア、ゴラムやエント族など新キャラクター、クリーチャーも多数登場。劇場公開版ではカットされたシーンを追加したスペシャル・エクステンデッド・エディションには、ボロミアやゴンドールの執政官デネソールの登場シーンも。

 

この夜を生き抜こう

スペシャル・エクステンデッド・エディションとやらを観たんですが、これ222分もあるんです!

222分って!

第三部(これも同じくエクステンデッド・エディションで)までぶっ通しで観たので、

なんと約8時間ロード・オブ・ザ・リング漬け。一日仕事でした。

しかしそれだけ観ても、まったく飽きがこないのが凄い。

凄いよ、ピーター・ジャクソン!!

 

さて、前回固まっていた旅の仲間は、3グループに別れて行動しておりまして。

まず何よりも先に、ガンダルフさんが生きていたということが確定し、ひと安心。

しかも生きてたどころか、死線を乗り越えパワーアップして帰ってきたー!

再会したアラゴルン達に「わしはガンダルフではない。白のガンダルフじゃ」と言ってました。

白のガンダルフって…あんた何言ってんの?

と思ったんですが、なるほどその風貌は「白の魔法使いサルマン」そっくり!服も髪も真っ白。

髪もサルマンと同じスーパー・ストレートヘアになっとるし!

じいさん2人がキャラ被りですよ。

幸いサルマン様は今回お亡くなりになってしまうので、被ってるのはほんの少しの間なんですけどね。(←”幸い”ってひどい)

それにしてもサルマン様の死に際は、いくらなんでも可哀想でした。

最後の方なんか、ただの老人いじめに見えました。

 

今作では、騎士の国ローハンとオークとの戦争が見所でした。

今にもオークが攻め来まんとしている時に、ローハンのセオデン王がふと我に返り不安を口にするシーンがあるんです。

「何でこんなことになった…?」みたいなかんじで。

もう後戻りできないという諦観の表情がリアルでした。

超人でメンタルも強いアラゴルンレゴラス達に比べて、ローハンやゴンドールの国の人々は実に人間くさくて(実際人種は人間である)良かったと思います。

あんなオークの軍団が攻めて来たら、そりゃ怖いし逃げたくなるよね。

 

エクステンデッド・エディションだからなんでしょうか。

そういった「前日譚」にもたっぷり時間を割いてるもんだから、戦争が始まるまでの緊張感が半端なかったです。

くるぞくるぞ、オークがやってくるぞ… くる…きたーーーー!!!

みたいなね。(え?)

 

お互い張り合いながら敵をやっつけるレゴラスギムリは胸熱だったし、

相変わらずアラゴルンはかっこいいし、

相変わらずサムの苦労人っぷりには泣かされたし…

と、今回も心を突き動かされまくりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする