Smokeblue Theater

映画の備忘録

迷子の警察音楽隊

f:id:smokeblue:20150817200354j:plain

原題:The Band's Visit 2007年 イスラエル・フランス 87分

監督・脚本:エラン・コリリン

出演:サーフ・バクリ、ロニ・エルカベッツ、サッソン・ガーベイ、カリファ・ナトゥー

ストーリー・概要(映画.comより)

イスラエルの小さな町に迷い込んだエジプトの警察音楽隊と地元民との交流をユーモラスに綴り、カンヌをはじめ世界各地の映画祭で絶賛された人間ドラマ。文化交流のためにエジプトからイスラエルへ招かれたアレキサンドリア警察音楽隊は、目的地を間違えてホテルすらない辺境の町に辿り着いてしまう。住人の家に泊めてもらうことになった彼らは、自分たちと言葉も宗教も違う人々に戸惑いながらも、音楽を通して次第に打ち解けていく。

 

隠れた名作

文化交流のためエジプトからやってきたアレクサンドリア警察音楽隊

イスラエルの空港に降り立つも、何の手違いか出迎えが来ません。

始まるなり、もういきなり迷子になる音楽隊。揃いの水色の制服で、空港でポカ〜ンとするシーンが妙に可笑しい。

自力で目的地へ辿り着こうとする彼らは、間違えて一文字違いの別の小さな町に着いてしまいます。

カフェの女主人の力を借り、一行は3組に別れてその町でめいめいの夜を過ごすことになるのですが…

他人の家で過ごす気まずさを感じつつ国や宗教を超えて交流が深まってゆく様は見ていてホッコリ。

肝心の、音楽隊の演奏シーンは一番ラストに。

想像してたよりも伝統的な香りのする良い感じの音楽でした。

シャイな隊長が、なんとボーカル!熱唱しておりました。

おじさんばかりの音楽隊のメンバー内で唯一の若手・カーレド(サーレフ・バクリ)が長身の色男でかっこいい。

迷子になったおじさん達がアセアセしてても、彼だけは何だか楽しそう。空港の案内係を口説いたり、地元青年に恋のアドバイスをしたり、余裕です。

そんなところにおじさんとのジェネレーションギャップを感じて楽しかったです。

広告を非表示にする