Smokeblue Theater

映画の備忘録

ボルベール 帰郷

f:id:smokeblue:20150806190137j:plain

原題:Volver 2006年 スペイン 120
監督・脚本:ペドロ・アルモドバル
出演:ペネロペ・クルスカルメン・マウラ、ヨアンナ・コバ、ブランカポルティージョ、ロラ・ドゥエニャス

ストーリー・概要(映画.comより)

「オー ル・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」のペドロ・アルモドバル監督が、故郷ラ・マンチャのたくましい女たちの生きざまを郷愁と共に描き出し たヒューマン・ドラマ。失業中の夫と15歳の娘を養うライムンダ。伯母の訃報を聞き故郷のラ・マンチャを訪れた彼女は、火事で死んだはずの母親の姿を見たという噂を耳にする。06年のカンヌ国際映画祭では、主演のペネロペ・クルスほか6人の女優たち全員が最優秀女優賞に輝いた。

 スペイン強い女列伝 

ペネロペ・クルスは今やハリウッド映画にもガンガン出演していますが、やはり祖国の

映画に出ている方が、輝いて見える。

アルモドバル監督の強い色彩にマッチしとるよな~。なんせ顔が強い。

役柄も「強い女」で、強くたくましい母を演じてます。

そもそもこの映画、出てくる人みな女!女だらけ。男もちょっと出てはきますが、全体

的に女が映画を支配しているのです。

しかし、いつも思うんですが顔の濃い女性の囲み目メイクは怖い。

アイラインと黒目がくっついて、どこ見てるんだかわかんない感じがするんです~
もともと目でっかいんだから、そんなに囲まんでもいいじゃないかー!……と、平たい

顔族としては思うわけです。まあ、やっかみですよ。

広告を非表示にする