読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smokeblue Theater

映画の備忘録

サイド・エフェクト

f:id:smokeblue:20150806144730j:plain

原題:Side Effects 2013年 アメリカ 106分

監督:スティーヴン・ソダーバーグ 脚本:スコット・Z・バーンズ

出演:ジュード・ロウルーニー・マーラキャサリン・ゼタ=ジョーンズチャニング・テイタム

ストーリー・概要

スティーブン・ソダーバーグ監督が、薬の副作用が招いた殺人事件と、その事件に潜む陰謀を描いたサスペンス。幸福な生活を送っていたエミリーは、夫がインサ イダー取引で収監されたことをきっかけに、かつて患ったうつ病が再発。精神科医のバンクスが処方した新薬により、うつ症状は改善されたものの副作用で夢遊病を発症し、やがて無意識状態のまま殺人を犯してしまう。主治医としての責任を問われ、社会的信頼を失ったバンクスは、エミリーに処方した新薬について独自に調査を開始。やがて衝撃的な真実にたどりつく。バンクス役のジュード・ロウ、エミリー役のルーニー・マーラほか、キャサリン・ゼタ=ジョーンズチャニング・テイタムら豪華キャストが集う。ソダーバーグの社会派作品「インフォーマント!」「コンテイジョン」も手がけたスコット・Z・バーンズが脚本を担当。

 

 お薬は、容量・用法を守り正しく服用しましょう

サイド・エフェクト=副作用です。

うつ病に悩む女性(ルーニー・マーラ)が、錠剤の副作用のせいでとんでもない事件を

引き起こし、さらに薬を処方した精神科医(ジュード・ロウ)も事件に巻き込まれ

いうお話。

ドラゴン・タトゥーの女』とはうって変わって女性らしいルーニー・マーラが可愛か

った。スカートとか履いてたしさ!可愛いんだけど、絶妙な病み加減がナイスでした。

セクシーな女医を演じたキャサリン・ゼタ=ジョーンズもとっても素敵。

ひっつめ髪に眼鏡が 似合い過ぎだよ!

 

ストーリーは先が読みづらく、何が起こるのかとドキドキ。

最初はどっぷりと主人公(マーラ)に感情移入するのだけど、話が進むにつれ「あれ?

この人なんか変」とだんだん彼女が胡散臭く見えてくるんです。

そして中盤からいつの間にかすっかり医師(ジュード)の目線に切り替わっているとこ

ろが面白い。

 

それにしても海外の映画とかドラマで、何らかの薬を飲むシーンってやたらと出てくる

ような気がします。

皆いろんな薬の名前知ってるし~。

薬って、そんなしょっちゅう飲んでいいものなのか!?

ふだん年一回か二回風邪薬を飲むだけの身としては、なんだか縁遠いストーリーだな

と思いました。

 




















広告を非表示にする