読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smokeblue Theater

映画の備忘録

パイレーツ・ロック

は行

f:id:smokeblue:20150813202531j:plain

原題:The Boat That Rocked 2009年 イギリス 135分

監督・脚本:リチャード・カーティス
出演:フィリップ・シーモア・ホフマンビル・ナイリス・エヴァンスケネス・ブラナーニック・フロスト
ト ム・スターリッジ、クリス・オダウド、キャサリン・パーキンソン、リス・ダービー、ウィル・アダムスデール、トム・ウィズダム、トム・ブルック、アイク・ ハミルトン、ラルフ・ブラウン、タルラ・ライリー、ジェマ・アータートンジャニュアリー・ジョーンズエマ・トンプソン、ジャック・ダベンポート、シネ イド・マシューズ

ストーリー・概要(映画.comより)

ビー トルズやローリング・ストーンズが人気を博し、ブリティッシュ・ロックが全盛期を迎えた1966年のイギリス。領海外に停泊した船からロックを24時間流 し続け、人々に熱狂的に支持された「海賊ラジオ局」を舞台に、ポップ・ミュージックに情熱と愛情を注ぐDJたちと、彼らとともに暮らす人々を描いた群像 劇。監督・脚本は「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティスフィリップ・シーモア・ホフマンリス・エヴァンスらが個性的なDJに扮する。

 

海賊船から、ロックをお届け!

いや~、楽しい!楽しくって、おもわず2回観ました。
そこそこ長いんですけどね。テンポが良く、終始ノリノリのロックが流れるため、あっという間に感じます。

時は1960年代のイギリス。
ビートルズとかローリングストーンズとかキンクスが音楽業界を席巻したロック全盛期でありながら、
ラジオでロックやポップスが流れるのは一日たった45分。
政府が民放のラジオ局を認可しておらず、時間を制限しているのです。
お固いBBCラジオでやってるのは、クラシックとかジャズばかり。
当然、国民皆「ロック流さんかい!ビートルズかけんかい!」と思っているわけですが…。
そんな世間の声に応えるべく、船上ラジオ局「ラジオ・ロック」では法の目をかいくぐり、海上から24時間ぶっ通しでロックを流していた!
当然ながら大人気!そりゃ、みんな聴くよね!

「ラジオ・ロック」では何人かのDJが時間ごとに交代でコーナーを担当しているのですが、どいつもこいつも個性的で面白~い!
デブなのになぜか女性にモテモテなDJとか、バカが売りのDJとか、
早朝番組を担当してるので誰もその姿を見たことがない幻の(?)DJとか、
さらにはDJのくせにほとんど喋らない無口なDJなんてのもおります
(正確には、セクシーすぎるあまり一言呟くだけで女子メロメロという…)。
そんなDJたちをまとめる船長はビル・ナイさ!
そんでもって皆同じ船上で生活してるんです。
つまり『ONEPIECE』のクルー達が、サウザウンド・サニー号から交代でラジオを流しているようなもの(←じゃあ、ビル・ナイがルフィですか)!
後半では政府に追われている描写もありまして、ますますワンピースっぽいです。
ワンピースのファンであれば、きっとハマること請け合い?

フィリップ・シーモア・ホフマンもカウント(伯爵)というDJ役なのですが、これがまたとっても格好良くてシビれます。
リス・エヴァンスとの『DJ対決』も見どころでした。

広告を非表示にする