読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smokeblue Theater

映画の備忘録

天使の処刑人 バイオレット&デイジー

f:id:smokeblue:20150813143728j:plain

原題: Violet & Daisy 2011年 アメリカ 88

監督・脚本:ジェフリー・フレッチャ
出演:アレクシス・ブレデルシアーシャ・ローナンジェームズ・ガンドルフィーニダニー・トレホ、マリアンヌ・ジャン=バプティスト

ストーリー・概要(映画.comより)

「つぐない」「ハンナ」のシアーシャ・ローナンと「旅するジーンズと16歳 の夏」「シン・シティ」のアレクシス・ブレデルが、ティーンエイジャーの殺し屋に扮したアクションドラマ。ニューヨークでお手軽な仕事だけを請け負う殺し 屋のバイオレットとデイジーは、あこがれの新作ドレス欲しさに、ある仕事を引き受ける。それは、自ら電話をかけ殺してほしいと頼んできた男を殺すだけの、 ごく簡単な仕事のはずだった。しかし、男は別の殺し屋にも狙われており、2人は思わぬ事態に巻き込まれていく。「プレシャス」でアカデミー脚本賞を受賞したジェフリー・フレッチャーが、オリジナル脚本で初監督を務めた。

 

現代っ子な殺し屋コンビ

なんとティーンエイジャーの殺し屋コンビなのですが。
訳ありかと思いきや、殺しをするのは”人気アイドルの新作ドレスを買う金が欲しい”という、めちゃめちゃ軽い理由~!
何、そのアルバイト感覚!

タイトルやチャプターの出し方がクールな雰囲気ですが、「天使の処刑人」なんて余計なサブタイトルがついてるせいで、B級感が漂っていますな…
原題通り「バイオレット&デイジー」だけでいいんじゃないの!?
「テルマ&ルイーズ」みたいにさっ!

シアーシャ・ローナンちゃんは言わずもがなですが、
アレクシス・ブレデルもなかなか可愛い~。
シアーシャちゃんより少し年上の設定みたいですが、ブレデルさん自身は30代!
実年齢では一回りも離れている!
童顔ですね~。二人並んでも同い年に見えますよー。

割と簡単な仕事だよと聞いて、ターゲットの家にやってきたバイオレットとデイジー。
ターゲットは留守中。
ターゲットの帰宅待ちの二人は、あろうことかソファで居眠りしてしまいます。
なんて怖いもの知らずというか緊張感がないというか…。
やはりあくまでもバイト感覚!
やがて帰ってきたターゲット(ジェームズ・ガンドルフィーニ)は、
家に見知らぬ女の子がいるというのに、二人にそっと毛布をかけてあげます。
なんか、わかる~。
そりゃ、かけちゃうよね。あんな可愛い寝顔を見たらさ!
思わず心が和むシーンでした。
ようやく目覚ましてあわてて銃をかまえますが、なぜか動じる様子のないターゲット。
その行動が理解できず、2人で一回話し合いをはさむところが可愛かったです。

この映画、バイオレットとデイジーのアクションシーンなんてほんのちょっとで、会話シーンが大半なんですよねー。
二人が銃をぶっ放すのは最初と、中盤に少しだけ。
それも直立で撃ってるのでアクションとも言えんかも。
想像してたのと随分違う作品でしたねー。

広告を非表示にする