Smokeblue Theater

映画の備忘録

ハンガー・ゲーム2

f:id:smokeblue:20150813141613j:plain

原題: The Hunger Games: Catching Fire 2013年 アメリカ 147分
監督:フランシス・ローレンス 脚本:サイモン・ビューフォイ、マイケル・デブライン
出演:ジェ ニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソンリアム・ヘムズワース、ウッディ・ハレルソン、エリザベス・バンクスレニー・クラヴィッツ、フィリッ プ・シーモア・ホフマン、ジェフリー・ライトトビー・ジョーンズ、ウィロウ・シールズ、サム・クラフリン、リン・コーエン、ジェナ・マローン、アマン ダ・プラマー、アラン・リッチソン、スタンリー・トゥッチドナルド・サザーランド

ストーリー・概要(映画.comより)

スー ザン・コリンズのベストセラー小説を映画化し、全米大ヒットを記録したサバイバルアクション「ハンガー・ゲーム」のシリーズ第2作。独裁国家パネムが毎年 開催し、12の地区から選ばれた少年少女が最後の1人になるまで戦い続ける「ハンガー・ゲーム」を生き延びたカットニス。彼女の勇気ある行動が民衆に希望 を与え、国家に対する革命の火種になりつつあった。やがて節目の記念大会となる第75回ハンガー・ゲームが開催されることとなり、カットニス抹殺を企む独 裁者スノーは、歴代のゲーム勝者を戦わせるという特別ルールを設ける。「世界にひとつのプレイブック」でオスカーを受賞したジェニファー・ローレンスが前作に続いて主演。監督は「アイ・アム・レジェンド」のフランシス・ローレンス

 

今年もやるよ、ハンガー・ゲーム

こんなティーン向けの映画観る気にならんとカッコつけてたくせに、すっかりハマってしまった前作『ハンガー・ゲーム』。
今回も、ジェニファー・ローレンスが続投。引き続き主人公カットニスを演じます。
しかしそもそもこのハンガー・ゲーム
毎年一回12の各地区から無作為に代表者を選出し、最後の一人になるまで戦わせる
というものだったハズ。
そりゃ今回もジェニファー出るんだから当然戦うんでしょうが、どうやって代表者になるのー?と思ってたら…

なんと「今年のハンガーゲームは記念大会だから、今までの勝者(=生き残り)の中から出場者を選ぶよ!」
ということを(首都の)お偉方が言い出した!
その手があったか!
しかし、ついこないだ命がけの死闘から生還したばかりのカットニス(&ピータ)にとっては余りにショッキングな思いつき!
「ふざっっけんな!去年の頑張り返せや!」と言いたいところでしょう。

しかしどんなに抵抗したってゲームからは逃れられない。だって主人公だもの。
こんなかんじで半ば強引に”ハンガー・ゲーム〈記念大会〉”が始まってしまいます。
今回は過去に勝ち残った人が参加者だから、少年・少女は少ないんです。
大人が多い!
なんと老婆までいるじゃんか!
御年80くらいの婆さんがいるのです。
出場者に選ばれてしまった身内をかばい、代わりにエントリーしたという、何とも勇敢な婆さん。
この人、見かけこそヨボヨボだけど実は亀仙人のごとくとんでもない強さなのでは…と密かに期待したのですが、
なんと開始数分で毒霧にやられてお亡くなりに…
ば、婆さーーーーーーーーん!!!
まさかの「普通に非力なお年寄り」で唖然としました。
可哀想すぎるわー!


出場者はゲームが始まるまで、自分がどこにいるのかわからないようになっておりまして、
筒状のゲートからエレベーターで地上に上がった途端いきなりゲームスタートなんですが、
その瞬間が面白くて好き!
今回はゲートが開くなり「一面が海」という状態で、皆すごい同様っぷりでした。
そこから一瞬で状況を把握して、誰よりも早く武器や食糧を取りに行かなければならんのです。
瞬発力が大事!
前作でも思いましたが、ここのスタート直後のシーンが一番面白い。
全員揃っているからバトルが起こりやすいし、
「こいつはアカン」「むむ、こいつはデキる」とか考えつつ出場者の動きをおっかけるのも楽しい。
正直ここだけ観られれば十分さ!(←ダメだと思う)

露骨に次回作に続く!という終わり方にはちょっと腹が立ちました。
まあ観るけどね、絶対!気になるから!悔しいけど!

広告を非表示にする