読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smokeblue Theater

映画の備忘録

鑑定士と顔のない依頼人

か行

f:id:smokeblue:20150813125810j:plain

原題: La migliore offerta 2013年 イタリア 131分
監督・脚本:ジュゼッペ・トルナーレ
出演:ジェフリー・ラッシュジム・スタージェス、シルビア・ホークス、ドナルド・サザーランド、フィリップ・ジャクソン、
ダーモット・クロウリー

ストーリー・概要(映画.comより)

「ニュー・ シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」の名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、ジェフリー・ラッシュを主演に迎えて描くミステリー。天才的な審美眼 を誇る鑑定士バージル・オドマンは、資産家の両親が残した絵画や家具を査定してほしいという依頼を受け、ある屋敷にやってくる。しかし、依頼人の女性クレアは屋敷内のどこかにある隠し部屋にこもったまま姿を現さない。その場所を突き止めたバージルは我慢できずに部屋をのぞき見し、クレアの美しさに心を奪われる。さらにバージルは、美術品の中に歴史的発見ともいえる美術品を見つけるが……。音楽はトルナトーレ作品常連のエンニオ・モリコーネ。イタリアのアカデミー賞と言われるダビッド・ディ・ドナテッロ賞で、作品賞、監督賞、音楽賞をはじめ6部門を受賞。

 

おじさん鑑定士の恋

鑑定士ヴァージル(ジェフリー・ラッシュ)の元に、顔出しNGの謎の女性から絵画の査定の依頼が。
「顔を出さんとは何事じゃい」と、最初は依頼人クレアに対してイライラモードなヴァージルさん。
それがクレアの家に足を運びなんだかんだ世話を焼いてる内に、彼女に惚れちゃうヴァージルさん。
美術品の修復屋ロバート(ジム・スタージェス)に恋愛相談なんかして、完全に浮かれまくるヴァージルさん。
ドレスもプレゼントしちゃうヴァージルさん。
ちょっと不気味なヴァージルさん。
偏屈なじいさんだと思っていたのに、簡単に恋に落ちちゃうんですよー。

そして、あのネタバレ部分。
「展開が読める」という感想もあるみたいですけど…
私は正直、結構ビックリしました。
「ガーーーン!!」と音が出そうなくらいビックリしましたが!?

というか、違う結末を想像していたんです。
例えばクレアが実在しない人物だったとか。あのオートマタと関係する何かだったとか。
観ている内に、何となくそっちの方向かな~…?と思っていたもんだから。
思っていたもんだから、騙された訳で!!(←必死)
あの結末は、色んな意味で「そりゃねーよ」ってかんじです。

何を書いてもネタバレになりそうですね~。
結末については、こちらが分かりやす~く解説してます。↓相関図がエラい事に…。

鑑定士と顔のない依頼人:特集:シネマトゥデイ
※開いたらいきなりネタバレなんで、お気をつけ下さいね。

広告を非表示にする