読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smokeblue Theater

映画の備忘録

オリンダのリストランテ

f:id:smokeblue:20150813125240j:plain

原題: Herencia 2001年 アルゼンチン 96分

監督・脚本:パウラ・エルナンデス
出演:リタ・コルセテ、アドリアン・ウィツケ、マルティン・アジェミアン、エクトオール・アングラーダ、フリエタ・ディアス

ストーリー・概要(映画.comより)

2001 年モスクワ国際映画祭の最優秀作品賞を受賞した女性監督パウラ・エルナンデスによるアルゼンチンのヒューマンドラマ。ブエノスアイレスの小さなレストラン の女主人オリンダは、女手ひとつで店を切り盛りする元気な中年女性。ある日、昔の恋人を探し歩くドイツ人青年のピーターと出会う。当てもなく彼女を探し続 けるピーターを放っておけないオリンダは、食事と宿をピーターに提供する。

 

異国のおふくろ

アルゼンチン映画です。どこかの国と合作でない、純粋なアルゼンチン映画を観たのは初めてかも。
タイトル通りオリンダさんのレストランが舞台ですが、料理や食事シーンはメインでなく人間ドラマが主ですね。

ピーターというドイツ人青年が、恋人を探しにアルゼンチンへやってきます。
聞き込みに訪れた「オリンダのレストラン」に足を踏み入れた途端、運悪くオリンダの投げた皿が頭に当たって、ドターンと倒れるピーター…
何だかマンガみたいな展開ですな。
彼は手当てを受け一度はレストランを去りますが、宿屋で荷物が盗まれてしまい、再度オリンダを頼って店に現れます。
今のところ、ピーターにとってアルゼンチンでただ一人の知り合いがオリンダなのです。
自分で皿をぶつけたくせに「帰んな帰んな!」と追い返すオリンダ。
置いてやれよ…オリンダさんよ…
しかし雨に打たれながら店の前にうずくまるピーター(あんたも粘ったよ…)を見て、放っとけなくなったオリンダ。
「入んな!」と店に入れてやります。よかったよかった。
このオリンダの、ぶっきらぼうな感じが良いのです。
最初はそっけないけど、慣れてくると母のように世話を焼く。
ピーターや、元からいた従業員のアンヘルに対してもそうでした。
冷たい人かと思わせといて、実はとても懐の深い人物なのだと思います。

地味ながらも心あったまるストーリーでした。
なかなか素敵。アルゼンチン映画。

広告を非表示にする