読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smokeblue Theater

映画の備忘録

私がクマにキレた理由

f:id:smokeblue:20150813123331j:plain

原題: The Nanny Diaries 2007年 アメリカ 106分
監督:シャリ・スプリンガー・バーマン 脚本:シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ
出演:スカーレット・ヨハンソンローラ・リニーアリシア・キーズクリス・エヴァンス、ニコラス・リース・アート、
ポール・ジアマッティ、ドナ・マーフィ

ストーリー・概要(映画.comより)

アメリカン・スプレンダー」のシャリ・スプリンガー・バーマンとロバート・プルチーニのコンビがスカーレット・ヨハンソンを主演に描くロマンチック・コメディ。大学を卒業したものの自分の将来が見えないアニーは、ひょんなことからニューヨークの高級住宅街に住むセレブ一家のナニー(ベビーシッター)をすることに。家庭に無関心な両親にこき使われ、愛情に飢えた息子もなかなかなつかない。そんなある日、クマのぬいぐるみに監視カメラが仕込まれていることを知ったアニーは……。

 

キレた理由はけっこうマトモだ

こういうタイトルなので、「いつキレるのかな」ってそこばっかりに意識がいってしまうのですが、キレるのはクライマックス近くになってから。
まあ結局キレたのも、子どもを放っておいて慈善活動にばかり積極的な母親に対してなのであって。
子どものためにキレたのです。
けっこうマジメなキレ方でした。
スカーレット・ヨハンソンのキレる姿を楽しみにしていた自分が、ちょっと恥ずかしくなりました。
キレてスカッとして終わりというタイプの映画でもないようですね。
母親も、キレられて改心しちゃうし~。良い人になっちゃうし~。
悪役をコテンパンにやっつけてほしいと思っていたのに、なんだか拍子抜け。
坊ちゃん役の子も、意外とすぐになついちゃったのが残念。
素直で良い子じゃないか!
せめて前半ではクソガキぶりをもっと発揮してほしかった。

しかしスカーレット・ヨハンソンは、こんな普通の娘役でも自然に演じるから凄い!
相変わらずのボインですが、セクシーな雰囲気をなるべく封印し「手が届きそうな近所のお姉さん感」を出してたのが良かったと思うー。

広告を非表示にする