Smokeblue Theater

映画の備忘録

危険なメソッド

f:id:smokeblue:20150813122404j:plain

原題: A Dangerous Method 2011年 イギリス・ドイツ・カナダ・スイス 99分
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 脚本:クリストファー・ハンプトン
出演:キーラ・ナイトレイヴィゴ・モーテンセンマイケル・ファスベンダーヴァンサン・カッセルサラ・ガドン
アンドレ・ヘンニック、アルンドゥト・シュベリング・ゾーンレイ

ストーリー・概要(映画.comより)

ヴィデオドローム」「ザ・フライ」の鬼才デヴィッド・クローネンバーグが、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」「イースタン・プロミス」に続き、ヴィゴ・モー テンセンとコンビを組んだ歴史心理ドラマ。若き心理学者カール・ユングは、恩師である精神分析学者ジークムント・フロイトとともにひとりのロシア人女性患 者の研究を進めていくが、やがて彼女の存在がユングフロイトの関係に変化をもたらす。主演はキーラ・ナイトレイモーテンセンフロイトを演じ、「イングロリアス・バスターズ」のマイケル・ファスベンダーユングに扮する。

 

キーラ・ナイトレイの危険な顔面

キーラ・ナイトレイが精神病患者ザビーナ役(実在の人物)。
冒頭から、手足をばたつかせて大暴れするザビーナが、無理矢理病棟内に運ばれるというシーンでしたが…
ヒステリックな演技がことごとく素晴らしく、圧倒されてしまいました。
そして、果たして笑っていいところなのか悩んでしまうあの顔芸ですよ。
美人女優の地位をかなぐり捨てての、体当たり演技。
びっくりしました。
しかしその頑張りが、この映画の評価を上げていると思う~。
グッジョブです、キーラさん。
史実に基づいた話なので、ザビーナの病状は次第に善くなっていくのですが、
そうなるとあの顔芸が見られなくてちょっと残念な気もする。(←失礼です)

フロイトユングが仲違いしたという話はなんとなく知っていましたが、
その辺りの理由なども知れてためになりました。
二人の関係性も、手紙のやり取りを通して丁寧に描かれていると思います。
フロイトヴィゴ・モーテンセン
ユングマイケル・ファスベンダー
というキャスティングも観る前は意外でしたが、違和感なかったです。
ヴィゴ・モーテンセンがいつのまにかロマンスグレーの似合う紳士になっていて驚きましたけど。
あんまり出演作を観たことないんですよね~。『ロード・オブ・ザ・リング』くらいしか。
クローネンバーグ作品の常連だそうで。今後チェックしていきたいと思います。

広告を非表示にする