Smokeblue Theater

映画の備忘録

スタンリーのお弁当箱

f:id:smokeblue:20150813114225j:plain

原題: Stanley Ka Dabba 2011年 インド 96分
監督・脚本:アモール・グプテ
出演:パルソー、ヌマーン、アビシェーク、サイ・シャラン、モンティー、アモール・グプテ、デイビヤ・ダッタ、ラジェンドラナート・ズーチー、ディビヤ・ジャグダレ

ストーリー・概要(映画.comより)

アクションやミュージカルが詰め込まれた娯楽大作映画が主流のインド映画界で、素人の子どもたちを集めて撮られた小作ながらも、大ヒットを記録したハートフル・コメディドラマ。みんなを笑わせるのが大好きなクラスの人気者スタンリーは、家庭の事情で学校にお弁当を持ってくることができず、昼食の時間はいつも水道水を飲んでお腹を満たせていた。そんなスタンリーを助けようと、級友たちはお弁当を分けてあげるが、食い意地の張った先生に見つかって弁当を取り上げられた上、スタンリーは先生から「学校へ来なくていい」と言われてしまい……。

 

ちょっと先生、それはないでしょう

「踊らないインド映画」だそう。
ただ音楽はけっこう流れる。
そしてその歌の歌詞が、まんまストーリーや登場人物を説明してるものばかりで、インド映画ビギナーとしてはびっくり。
そういう感じなの?インド映画。
歌の中では「お弁当の歌」が楽しくって気に入りました。

スタンリーはとある理由から弁当を持ってくることができず、いつもお腹を空かせています。
そのスタンリーを虐めまくる、ブラザートム似の先生役は、なんと監督自身。
そして、スタンリー役の子はなんと監督の実の息子だそうな!

しっかしこの先生、ちょっと酷すぎやしないでしょうか。
自分は弁当を持って来ず、毎日同僚から分けてもらってるくせに、スタンリーに対しては
「人の弁当をめぐんでもらうなんて卑しい奴め」みたいなことを言うんですよ!
この時点で理不尽すぎてポカ~~ン…ですが。
おまけに、ちょっと裕福なスタンリーの友人の豪華弁当を食ってやろうと、虎視眈々、狙ってるんです!
お前、それもう山賊じゃねーか!と言いたくなりました。まったくもう。

反抗しないスタンリー達も不思議なんですが、インドでは先生に逆らうなんてあり得ないことなんでしょうか?
あまりインドのことを知らないので、何が普通か分からない部分もありました。
ちなみに沢尻エリカ似の女性の先生は、めちゃめちゃ優しくて良い先生でした。
スタンリー達、この先生に相談すれば良かったんじゃ…?と思うのですが。まあいいや。

スタンリーの友達が、みんな友達想いの良い子で感動。
先述の「豪華弁当を狙われた男の子」も、良い子!
普通、”ぽっちゃりで金持ちの子”といったら”嫌な奴”と相場は決まっているのに!

弁当も、日本のそれとは全く違っていて、見ているだけで楽しかった。
やっぱカレーは定番のようですな!

広告を非表示にする