Smokeblue Theater

映画の備忘録

50/50 フィフティ・フィフティ

f:id:smokeblue:20150808141110j:plain

原題:50/50 2011年 アメリカ 100分

監督:ジョナサン・レヴィン 脚本:ウィル・レイサー
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィットセス・ローゲンアナ・ケンドリックブライス・ダラス・ハワードアンジェリカ・ヒューストン、マット・フルーワー、フィリップ・ベイカー・ホール

ストーリー・概要(映画.comより)

(500)日のサマー」のジョセフ・ゴードン=レヴィットが主演し、ガンで余命宣告を受けた青年の姿を笑いや涙を交えて描くハートフルドラマ。酒もタバコも やらない普通の青年アダムは27歳でガンを患い、生存率50%と宣告される。同僚や恋人、家族は病気を気づかってどこかよそよそしくなっていくなか、悪友 カイルだけはガンをネタにナンパに連れ出すなど、いつも通りに接してくれていた。アダムはなんとかガンを笑い飛ばそうと日々を過ごしていくが、刻々と進む 病状に次第に平穏を装えなくなってしまう。カイル役のセス・ローゲンが製作を務め、ガンを克服した親友の脚本家の実体験をもとに映画化した。

 

シリアス/ユーモア

インセプション』『(500)日のサマー』で気になってきているジョゼフ・ゴードン=レヴィットが主演と知って。

「がんに冒された若者の闘病生活の話」だというんで、心して観なければと気負いもありましたが、程よくユーモアが混じったストーリーだったため重苦しさはありませんでした。
とはいえ主人公アダムの苦悩が、確実に観てる側に伝わってきます。
がんの進行に伴う表情の変化とか、真に迫るものがあった。


20代という若さのため、病気に対してまったく気持ちの準備ができておらず、それでも着々と病は進行していくのが、同年代としては恐ろしかったです。
がん検診、行かねばならんよね~。

コメディ的要素カイル(セス・ローゲン)の存在が全体のバランスを取っていて良かった。

カイルが主人公と仲違いするシーンでは、
「こいつやっぱり友人の病気のことなんて何も考えてないんじゃないかっ!?」と一瞬思いましたけど、
その後彼の真意を知り、なんて良い奴なんだ!と思い直しました。

疑ってすまん、カイル。

セス・ローゲン、おいしいとこ持ってくな~と思ってたら、製作を自ら務めてたみたい。
ちゃっかり者だよ、セス・ローゲン

広告を非表示にする