読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smokeblue Theater

映画の備忘録

それでも恋するバルセロナ

f:id:smokeblue:20150807200407j:plain

原題:Vicky Cristina Barcelona 2008年 アメリカ・スペイン 96分

監督・脚本:ウディ・アレン
出演:スカーレット・ヨハンソンハビエル・バルデムペネロペ・クルスレベッカ・ホールパトリシア・クラークソン、ケビン・ダン、クリス・メッシーナ

ストーリー・概要(映画.comより)

婚約者もいる真面目なビッキーと、情熱的な恋を求める自由奔放なクリスティーナ。親友同士の2人は、夏のバカンスを過ごすバルセロナで魅力的な画家フアン・ アントニオに出会い、それぞれ彼に惹かれていく。しかし、そこへ画家の美しい元妻が現れ……。ウディ・アレン監督が、スカーレット・ヨハンソンハビエル・バルデムを主演にスペインで撮影したロマンス・コメディで、ペネロペ・クルスが第81回アカデミー助演女優賞を受賞。

 

♪バルセロ~~ナ~~~

大好きなスカーレット・ヨハンソンペネロペ・クルスが一緒に出演しております。
それだけで、なんかワクワク。
しかもこの2人が、ハビエル・バルデムを交え、ただならぬ関係に……。

両手に花よのう、ハビエル!!そんなデカ顔のくせしてさ!
ペネロペ・クルスの顔が小ちゃすぎるんでしょーか。距離感わからなくなります)

スカーレット・ヨハンソンは旅行者としてスペインに訪れるんですが、
迎え撃つのが地元代表のペネロペ・クルス(←いや、別にそういう映画じゃないんですけど…)。
かなり激情家の女性を演じていますが、これが強い!(←いや、闘う映画ではないんですけど…)
早口のスペイン語でぎゃんぎゃん叫ぶし、ハビエル・バルデムをばっしばっしと叩く。
「スペインが舞台なら負けないわよ」と言わんばかりの熱演。
はまり役でしたー。というか、ペネロペ・クルスにはこういう激しい女性のイメージしかない!

全体的に、スペインの魅力を存分に描いていたと思います。
旅先での高揚感とか、伝わりました。
行ってみたくなりましたもん、バルセロナ

あと、劇中しょっちゅう流れる「バルセロ~ナ~♪ふんふんふふん~♪」という歌が頭にこびりついて離れないー。
バルセロナ」の部分しか、聴き取れませんけどね!

広告を非表示にする