読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smokeblue Theater

映画の備忘録

ドライヴ

f:id:smokeblue:20150807165239j:plain

原題:Drive 2011年 アメリカ 100分

監督:ニコラス・ウィンディング・レフン 脚本:ホセイン・アミニ
出演:ライアン・ゴズリングキャリー・マリガンブライアン・クランストン、クリスティーナ・ヘンドリックス、ロン・パールマンオスカー・アイザックアルバート・ブルックス

ストーリー・概要(映画.comより)

きみに読む物語」「ブルーバレンタイン」のライアン・ゴズリング主演で、昼はハリウッド映画のカースタントマン、夜は強盗の逃走を請け負う運転手として働く孤高の天才ドライバーが、愛する女性を守るため裏社会を相手に命がけの戦いを繰り広げる姿を描いたクライムサスペンス。

デンマーク出身の新鋭ニコラス・ウィンディング・レフン監督が手がけ、2011年・第64回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。

 

ロマンチックからのバイオレンス。

「強盗の逃走シーン」といえばハリウッドのアクションものでよくありそうですが。
ハリウッドだったら、逃げるとき超うるさそう。
銃をぶっ放しながら「GOGOGOGOーーーーーー!!!」とか言ってそう。

でもライアン・ゴズリング演じる"ドライバー"は静かですごくプロフェッショナル。
淡々と運転します。
警察に追われている間も会話は一切ナシ!
この冒頭シーンがかっこ良くて、やられました。
静かなカーチェイスって、ある意味新鮮!

ドライヴというタイトルなだけあって、主人公の運転シーンが非常に多い。
というのもこの男、やってる仕事が全部車がらみ。
スタントマンかつ車の修理工かつ(強盗の逃走の際の)運転手…
やってる仕事が男度MAX!!
おまけに寡黙で不器用だが子どもにも優しい…
さりげにモテ要素をいっぱい持っていらっしゃる。

そんな男が一目惚れするのがキャリー・マリガンですが、こちらもまた魅力的でした。
小さい男の子の母親で、夫は服役中。
このポジションを、例えばスタイル抜群のセクシー美女が演じていたら「何か違う!ってなるんだろうと思う。
この映画の雰囲気を大きく逸脱するんだと思うーー。

キャリー・マリガンってすごい童顔だけど、ちょっと疲れ顔なのが良いです。

広告を非表示にする